CKD相談室

ホーム(腎臓専科.jp) > CKD相談室 > CKDの基本的なこと *前のページへ戻る

CKDの基本的なこと
▲このページの先頭へ
1) CKDとは何ですか?
CKDとは、Chronic Kidney Diseaseの略で、日本語では「慢性腎臓病」と略されます。
病態あるいは症候(群)というべきものだとお考え下さい。
症候群というのは、いろいろな原因で起きているが、1つの症状を示すもののことです。
よく知られているのはメタボリック症候群ですが、あなたがCKDになっているとすると、あなたにとって大変好ましくない体の状態であるといえます。

CKDの定義ですが、次の1)か2)の状態をいいます。

1)構造的あるいは機能的異常が3ヶ月異常持続する腎障害(腎機能は問わない)
a.腎の病理学的な異常
b.血液あるいは尿の検査値以上
c.画像検査による腎の形態異常

2)腎臓の機能低下(糸球体濾過量<60mL/min/1.73m2)が3ヶ月以上持続する場合(腎障害の有無は問わない)

また、CKDは、その症状によって、ステージ1(もっとも軽い)からステージ5(もっとも重い)まで分類されています。
▲このページの先頭へ