CKD相談室

ホーム(腎臓専科.jp) > CKD相談室 > CKDと医療について *前のページへ戻る

CKDと医療について
▲このページの先頭へ
1) CKD対策がなぜ重要だといわれているのですか?
世界的に末期腎不全の患者数が増え続けています。
また、あなたも心血管疾患(脳梗塞や心筋梗塞など)が増えていることを、身近に感じていらっしゃると思います。
どの国も国民の健康維持をしたいわけですが、これらのように増え続ける病気は、医療費の増大という課題にもなっています。
これらの病気の危険因子として、腎機能低下が重要で、腎機能が悪ければ悪いほど(CKDが進むほど)、心血管疾患になりやすかったり、末期腎不全になりやすいということがわかってきたからです。
▲このページの先頭へ