HOME >> 当クリニックについて >> 最高速マルチヘリカルCT < 前のページへ戻る
最高速マルチヘリカルCT

最新のCTスキャナの映像をビデオで見てみましょう!
最高速マルチヘリカルCTで精密検査が受けられます

静岡共立クリニックでは、最新のCTスキャナを新しく導入いたしました。
新しく導入したCT装置で高水準の精密検査を受けていただけます。
この装置は、瞬時に細かく64断面(スライス)が同時に撮影できる
世界最高水準のマルチスライス技術を搭載していますので、
撮影時間の大幅な短縮が可能になり、最高レベルの検査が行なえます。
頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、
患者様は寝台に楽な姿勢で寝ていただき、安心して検査を受けていただけます。
くわしい検査内容は、医師へお気軽にお尋ねください。




最高速マルチヘリカルCTで、身体の内部がどのように見えるのかを、ビデオでご紹介いたします。
(1)心臓の立体像(3D)
(2)血管内部に入り込み、突き進んでいるかのように見える立体像(3D)
(3)腹部を中心とした体内部の立体像(3D)
です。

ご覧になるには Windows MediaPlayer(無料) が必要です。ほとんどのWindowsパソコンにはインストールされていると思います。


心臓の立体像(3D)
[最高速マルチヘリカルCT]


●ビデオで立体像(3D)を見る(クリック)●

心臓を横や縦に回して、360度、見ることができます。心臓や、骨だけでなく、細い血管なども細かい映し出すことができます。
[従来型のCT]


輪切り状態で表示するだけです。医師が頭の中で立体的に組み直して、考えていました。



血管内部に入り込み、突き進んでいるかのように見える立体像(3D)
[最高速マルチヘリカルCT]


●ビデオで立体像(3D)を見る(クリック)●

血管内部を立体像(3D)で映しだし、さらに、血管内部を突き進んでいるかのように見ることもできます。
[従来型のCT]


最高速マルチヘリカルCTの映像と単純には比較できませんが、たとえば、頭部のCTでは、このように見えていました。大きな違いがあることがおわかりいただけると思います。



腹部を中心とした体内部の立体像(3D)
[最高速マルチヘリカルCT]


●ビデオで立体像(3D)を見る(クリック)●

この映像では、骨と血管を映しだしていますが、内臓だけを映しだすこともできます。
グルグルとまわして、360度、表示することもできます。
[従来型のCT]


輪切り状態で表示するだけです。医師が頭の中で立体的に組み直して、考えていました。