HOME >> メタボリック・高血圧と腎臓の病気との関連 < 前のページへ戻る
メタボリック、高血圧と腎臓の関係



【メタボリック、高血圧などと、腎臓との関連について】

第5話 お酒編 〜お酒が体に与える影響を科学的に知っていますか?
(2)本当に?お酒で体は悪くなるのか?


−お酒を飲むと、血液中の水分と塩分が増えて、血圧が一時的に上がるというのはわかりました。

(大下先生)
はい。ご自分の体ですから、気を付けてくださいね!

−でも、大丈夫な人もいますよね?

(大下先生)
そうです。
腎臓の働きが正常な人は、血圧が上がるというのは一時的なものです。
身体は勝手に元に戻そうという力があるので、トイレに行って、おしっことして余分な水分を出してしまいます。

−おおぉ!それで、トイレに頻繁に行くんですか!

(大下先生)
はい。トイレによく行くのは、そういう理由もあります。

−では、安心じゃないですか?

(大下先生)
何度も何度も毎晩毎晩飲んでたりしたら、かなり腎臓には負担ですよね。

−では、お酒が腎臓を悪くしているわけではない?

(大下先生)
二次的なものですよね。
お酒がイコール腎臓を悪くしてるわけではないんです。
飲み過ぎがいけない。休肝日だって必要ですよね。

−肝臓とは違うんですね。

(大下先生)
肝臓はお酒(アルコール)が悪さをするけど、アルコール自体が腎臓を悪くしてるわけではないんです。
お酒をあんまり飲みすぎて、塩分とか取って、血圧が上がることで腎臓が悪くなるというのはあります。
あとは、お酒で、交感神経が活発になったりして、血圧上がったりすることで、
腎臓が悪くなったりというのは考えられます。