HOME >> メタボリック・高血圧と腎臓の病気との関連 < 前のページへ戻る
メタボリック、高血圧と腎臓の関係



【メタボリック、高血圧などと、腎臓との関連について】

第3話 腎臓とメタボリック編
(2)腎臓が悪くなると高血圧に?〜腎臓が世界的に注目されている理由


−腎臓が悪いと高血圧になっていくって、どういうことなんですか?

(大下先生)
腎臓は、いるものといらないものを濾過する働きがありますよね。
当クリニックのホームページにある、腎臓の働きについてを思い出して下さい。

→腎臓の働き

−はい。

(大下先生)
例えば、塩分の排泄がうまくいかなくなったりすると、
身体に塩分がたまりやすくなりますよね。

−あ・・・そっか。

(大下先生)
塩分と水分ってくっついて移動しやすくなるんですね。
つまり、食塩の摂取量が多いとか、血管に水がたまりやすくなるんです。
水がたまるから今度は高血圧になると。

−はぁ〜。そうなんだ。。。。

(大下先生)
血管で持ちこたえられなくなると、むくみになるんですね。

−え?むくみですか?

(大下先生)
血管が、外にお水がしみ出てくると、足がむくんだりしますね。

−なんだか生活習慣病と腎臓って、すごい関わりがあるんですね。

(大下先生)
そうなんです。
ですから、世界的に腎臓というのは注目されている分野なんですよ。
世界的に、生活習慣病は、悩みの種になっていますから。