HOME >> 腎臓専科テレビ < 前のページへ戻る
腎臓専科テレビ



【腎臓の専門家による腎臓のお話】

患者様が腎臓内科にいらっしゃるキッカケは?




Q.患者様はどのようなことがきっかけで、腎臓内科にいらっしゃるのでしょうか?

幾つかのタイプがあると思うと思うんですけども、まず1つ目は、健康診断でタンパク尿が出たとか、尿に血が混じっているという異常を指摘をされて、精密検査をしなさいという返事をもらって、それでいらっしゃる方がまず1つ目のタイプだと思います。

で、2つ目のタイプとしては、普段は、先ほどの高血圧ですとか糖尿病で、他の診療所や、あるいは腎臓内科ではなくて、他の科の先生に診ていただいている患者さまが、その中で、たまたま尿を検査したらタンパクが出てきたですとか、腎臓の働きがだんだん悪くなっているよということを見つけられて、紹介をされて、専門の科に行ってみましょうということで来られる方が2つ目です。

あと、その他としては、脚がむくむですとか、顔がむくむですとか、あるいは尿の色がちょっとおかしいよとか、尿のいろいろな症状を、自分が自覚して、自分は腎臓が悪いのではないかと疑って、そのまま直接来られる方がいらっしゃいます。

大体、今のようなタイプの方が多いと思います。