HOME >> 腎臓と腎臓の病気や症状について >> 腎臓の仕組み < 前のページへ戻る
腎臓の仕組み

腎臓の仕組み 

腎臓はネフロンという100万個の基本構造からできています。
このネフロンが正常に働いているかが大切です。



【腎臓は「そらまめ」の形】
腎臓は握りこぶしほどの大きさです。
「そらまめ」の形をしています。
左右に1個ずつあります。


【腎臓の基本構造はネフロン】
腎臓の働きをする基本構造が「ネフロン」です。
ネフロンは、1つの腎臓に約100万個、左右で200万個あります。


【ネフロンのはたらき】
ネフロンは、血液から「必要なもの」と「必要でないもの」を選別する働きがあります。
必要なものは血液として体内に戻り、不必要なものは尿として体外に排出されます。