HOME >> 腎臓と腎臓の病気や症状について >> 腎臓が悪くなっている兆候 < 前のページへ戻る
サインを見逃さないで!

* 

腎臓が悪くなっていく過程の初期段階では、自覚症状がほとんどありません。
腎臓からのサインを見逃さない。軽視しない。ことが大切です。


【蛋白尿】
ネフロンにより蛋白質は体内に残るものとして選別されます。
この働きが正常でなくなると、蛋白質が尿に混ざって体外に出てきます。
大量(1日3.5g以上)の蛋白が出る症状をネフローゼ症候群といいます。
この場合は体に何らかの自覚症状が出ます。
蛋白の量が少量の場合は、自覚症状もなく緊急の治療を必要としません。
しかし、ほっておくと腎不全になっていく可能性があります。
ですから、蛋白尿が出ている状態で医師にしっかりと診てもらいましょう。


【高血圧】
腎臓が悪いと高血圧になることがあります。
また高血圧の人が腎臓が悪くなることもあります。


【糖尿病】
糖尿病の合併症のひとつとして糖尿病性腎症があります。
この合併症では蛋白尿がでます。