HOME >> 腎臓と腎臓の病気や症状について >> 腎臓が悪くなった時の症状や病気 < 前のページへ戻る
腎臓関連の症状・病気

* 

腎臓関連の症状・病気には次のようなものがあります。
自覚症状がでてしまってからでは、遅いのです。
腎臓からのサインを見逃さないで早期の発見と治療をしましょう。


【ネフローゼ】
大量(1日3.5g以上)の蛋白尿が出る状態をネフローゼ症候群といいます。

【糖尿病性腎症】
糖尿病の合併症のひとつで蛋白尿が出ます。

【腎硬化症】
腎臓の血管が動脈硬化をおこし、結果、腎臓の働きが悪くなります。

【急性腎炎症候群】
細菌に感染し、その数週間後に突然、蛋白尿や血尿が出ます。

【慢性腎炎】
発症の時期ははっきりわからないものです。
1年以上にわたり、蛋白尿や血尿が続く状態を指します。
IgA腎症、膜性腎症、膜性増殖性腎炎などがあります。